4月21日の新聞記事   カテゴリからニュースを検索 日刊木材新聞 創刊70周年記念セミナー ~日本の林産業の将来~
 
[建材]北上プライウッド、JAS製品を初出荷 5月から本格生産へ
[住宅・建築]中東、集成材厚板パネルを屋根下地に採用 省施工化で職人不足に対応
[木材]首都圏近郊の国産材製品市況、需給緩和で停滞感 桧構造材は過去最安値水準に
[建材]西濃木材、Wウッド長尺集成管柱を在庫販売 需要家の長さロス軽減し収益改善
[住宅・建築]福井コンピュータアーキトレンド、アーキトレンドゼロ発売 
[行政]国土交通省、サ高住整備のあり方で中間報告 自治体含め参加体制構築
[建材]フローリング工業会関東甲信越支部が支部会 社会保険問題で意見交換

バックナンバー

旧サイト記事はこちらから

新聞の特集

    15年3月「耐力面材特集」 詳細 


  

今後の特集予定

  

    15年4月「構造用集成材特集」

   ■ 15年5月「断熱材特集」

   ■ 15年6月「プレカット特集」

   ■ 15年5月創刊70周年特集・木材・建材史「米材」

   ■ 15年5月創刊70周年特集・産業史「住宅」

木材建材ウイクリー

平成27年/2015年04月20日  No.2013

2014年レビュー⑥建材、住設機器

新築木造で市場縮小 非木造需要で補完も

木質・非木質建材と住宅設備機器にとって2014年は、消費増税前の駆け込み需要によるおう盛な引き合いと、増税後の大幅な受注減の両極端な状況を味わった。
特に新築住宅需要は、14年の住宅着工戸数が89万2,261戸(前年比9%減)と5年ぶりに前年を割り込む水準となったにもかかわらず、1~3月の建材・住設メーカーは、大手住宅会社から地場工務店までの受注に追われ、極端な繁忙期を迎えた。新年度を迎えると状況は一変し、一部のメーカーは受注残を抱えていたものの、新規の注文が大幅に減少した。その傾向は今年4月に入っても続いており、需要回復の兆しは見らない。
一方で、非住宅向けは商品によって明暗が分かれた。石膏ボードや軽量気泡コンクリート(ALC)、アルミニウムサッシ(アルミサッシ)は、大都市を中心とした再開発事業や郊外の商業施設、物流倉庫などの需要を享受して出荷量を伸ばした。その半面、窯業系サイディングなどは、文教施設や高齢者施設などの非住宅向けの需要開拓を進めているが、14年は見込んでいたよりも伸びしろが少なかった。
また、年初から円安が進み、原料の輸入依存度が高い建材・住設機器はコスト高が直撃。メーカー各社の収益を大幅に圧迫した。特に木質建材では、複合フロアが基材である輸入品の南洋材合板や植林材合板、緩衝材のMDFなども円安の影響を受けた。
 建材、住設機器分野の14年を振り返った。

バックナンバー

  日本木材新聞社からのお知らせ

国産材名鑑

国産材の現状と関連企業の動向を徹底調査

kokusanzai-meikan

好評発売中

 国産材に関する関心が高まっているなかで国産材に関わる事業者を軸にその利用実態を浮き彫りにするものとして鋭意製作。国産材に関わる山林所有者、素材生産者、素材流通、製材、集成材、合板・木質ボード、木質建材、木材保存・不燃処理、製品流通、チップ、木質バイオマス、ペレット、住宅会社・ビルダー、機械・設備メーカーなどの主要企業などの動向を徹底調査、その内容を余すことなく掲載しました。国産材に関する今後の課題や展望について深く分析。主な内容は国産材事業業態別・会社別業務内容一覧と有力事業者紹介と解説編。定価1万5,000円(税、送料込み)です。体裁:B5判、862ページ、口絵カラー、本文モノクロ。

「木材建材ウイクリー」2000号

 木材建材ウイクリーは1974年1月14日付で「米材ウイクリー」として創刊され、2015年1月19日号が通算2000号になりました。2000号では、41年間の中から選定した33特集を当時の記事のまま紹介するほか、その特集の解説記事も掲載しました。定期購読者以外にも特別号として1部5,000円(税・送料込み)で配布いたします。

詳細は info@n-mokuzai.com

 好評発売中!日刊木材新聞で連載

 ◆今さら人には聞けない木のはなし
 (独)森林総合研究所研究コーディネータ 林 知行著
 日刊木材新聞で50回にわたり連載された「今さら人には聞けない木のはなし」。
  連載中から「わかりやすい」「目からウロコ…」と反響が多数寄せられ、今回、一冊の本にまとめました。 専門的な内容を誰にでも分かりやすく説明しています。

詳細はこちら



April 10 , 2015
◆SGEC requests mutual approval to PEFC
◆Wood use for public buildings increased in 2013
◆February housing starts
◆Merger of Norbord and Ainsworth completed
etc.
バックナンバー

財団法人住宅保証機構 日本木材青壮年団体連合会

 
Copyright(c) Japan Forest Products Jounal co.,ltd All rights reserved.