4月15日の新聞記事   カテゴリからニュースを検索
 
[木材]秋田製材協同組合、乾燥機増設 杉KDラミナを供給
[行政]国土交通省、長期優良住宅化リフォーム推進事業の公募開始 
[行政]政府の新たなエネルギー基本計画、木質バイオマスを重要な国産エネルギーに 
[行政]インドネシアの原木伐採に対する増税、税金徴収の運用面で難航 
[住宅・建築]シーアイウッド、中・大規模物件受注の拡充へ 金物工法、2×4両輪で
[木材]富士吉田外二か村恩賜県有財産保護組合、ペレット製造プラントを設備 
[木材]富士吉田外二か村恩賜県有財産保護組合、ペレット製造プラントを設備 
[木材]飛鳥建設、兼松、昭和マテリアル、LP-LⅰC工法で建設技術審査証明 
[住宅・建築]ナイスと赤石材木店、パワーホーム モデルハウスも完成
[行政]兵庫県14年度予算、県産材生産43万立方メートルを目標に 
[建材]ラミネート・ラボの新事務所はアイデア満載 
[木材]駅構内の観光案内所に西川材を活用 
[行政]中部森林管理局名古屋事務所、一般向けの展示コーナー 林業の歴史など紹介
[木材]家づくりフェアを継続 やまぐち木暮らしの会
[木材]中国向け丸太輸出急増 設計規範に日本樹種加わる
[木材]秋田木材流通センター、115年生1本売り大量出品 役物工場・銘木業者が買う
[住宅・建築]佐藤林業の丸太組大型物件増える 同構法の耐力壁・準耐火も後押し

バックナンバー

旧サイト記事はこちらから

新聞の特集

  ■  14年3月「耐力面材特集」 詳細 
 

  

今後の特集予定

   ■ 14年4月「構造用集成材特集」

   ■ 14年5月「保存処理材・土木用材特集」

   ■ 14年5月「断熱材特集」

 

木材建材ウイクリー

平成26年/2014年04月07日  No.1963

2013年レビュー⑤集成材

構造用が7年ぶり高水準 ー住宅・非住宅で需給押し上げる

13年は消費税駆け込み需要などもあり住宅着工が98万戸まで回復し、木材市況も上向いた。そのなかで構造用集成材の生産量は149万3,000㎥(前年比8.7%増)で過去最高となり、市場規模は内外産合わせ225万4,000㎥に達した。
一方、造作用集成材の生産量は15万3,000㎥(同2.5%増)と生産減に歯止めが掛かり、13年は再び15万㎥水準に回復した。これにより集成材の生産量は164万7,000㎥と過去2番目の高水準となった。
 構造用集成材は13年上期まで需要が堅調で、集成材メーカーの生産意欲を刺激した。木材市況の良さからWウッドKD間柱の供給量が増したことに連動し、Wウッドラミナの供給力も引き上がった。結果、Wウッドを主力とする小断面の生産量は過去最多となった。
中断面も同様に過去2番目の高水準となった。
 ラミナは欧州産針葉樹の比率が6割を上回り、依然として依存度は高い。それに対して国産材の比率は2割水準で推移し、頭打ち感がある。だが13年に生産量が拡大したなか、国産材は使用比率を落とさず供給に対応した。小・大断面を中心に需要が根付いていた。特に13年は、木材利用ポイント制度の後押しを受け、小断面で需要拡大に弾みが付いたといえそうだ。構造用集成材を中心に昨年の需給を点検した。

バックナンバー

  日本木材新聞社からのお知らせ

 

 

 全国プレカット名鑑
好評発売中

 この度、「全国プレカット名鑑」を発刊いたしました。今や、木造建築とその資材流通はプレカットなしにありえない状況にあります。全国に散在するプレカット会社の現状を詳細に調査するとともに、関連事業会社の動向、そしてプレカットの将来について展望することは、関連業界に携わる方々にとって必ずや有益な書物となると考え、企画編集しました。定価1万2350円(税、送料込み)です。体裁:B5判、約600ページ、口絵カラー、本文モノクロ。

詳細はこちら

 好評発売中!日刊木材新聞で連載

 ◆今さら人には聞けない木のはなし
 (独)森林総合研究所研究コーディネータ 林 知行著
 日刊木材新聞で50回にわたり連載された「今さら人には聞けない木のはなし」。
  連載中から「わかりやすい」「目からウロコ…」と反響が多数寄せられ、今回、一冊の本にまとめました。 専門的な内容を誰にでも分かりやすく説明しています。

詳細はこちら



April 11 , 2014
◆Domestic production of laminated lumber
◆Considerable increase of domestic log export
◆Bewilderment on Wood Use Point system
etc.
バックナンバー

財団法人住宅保証機構 日本木材青壮年団体連合会
広告募集

 
Copyright(c) Japan Forest Products Jounal co.,ltd All rights reserved.