8月20日の新聞記事   カテゴリからニュースを検索
 
[建材]2㍉挽き板フロアなど新ブランド「銘樹」開発 -永大産業- 木質素材際立たせ脱シート化へ
[木材]前年比1割減も高水準 -欧州材上半期入荷量- 入荷抑制、反映遅れる
[木材]杉JAS機械等級・大断面材を初採用 荒川材木店道作工場事務所。国産材ムク大径木の新たな市場開く
[住宅・建築]受注減少で回復の兆し乏しく -7月の住宅受注動向- 分譲住宅も販売振るわず
[建材]世界最大級の大型蓄電池試験施設 -NITE- 大阪市住之江区に整備することを発表
[木材]ウッドマイルズフォーラムを設立 -ウッドマイルズ研究会- 顕彰事業、各種認定事業開始へ
[木材]地域産材活用の家具、商品充実 -イトーキ- オフィス家具や内装製品を取り揃える
[木材]自動車学校の内装木質化 -出雲自動車学校- パーテーションなどにエコ3パネルを使用
[木材]幼児期の体験が重要 -鳥取で木育キャラバン- 約300点の木のおもちゃ置く
[木材]国産材製品売れ足鈍く -西垣林業名古屋市場- 前月より厳しさ増す
[木材]企画が定着し売りつなぐ -東京中央 農林・吉野合同感謝祭- 人気の盤製品を軸に充実
[木材]羽柄良材引き合い増す -東京新宿・鶴栄会納涼市- リフォーム向けがけん引

バックナンバー

旧サイト記事はこちらから

新聞の特集

  ■  14年5月「断熱材特集」 詳細 

 

  

今後の特集予定

   ■ 14年7月「木材乾燥機、ボイラー、林業機械、チッパー、グレーディングマシン特集」   

   ■ 14年7月「2×4工法オープン化40周年特集」

   ■ 14年9月「地盤保険・地盤改良」

 

木材建材ウイクリー

平成26年/2014年08月04日  No.1979

脚光浴びる国内チップ工場㊦

チップ生産力の抜本的増強へ 既存・新規需要家の狭間で揺れる

西日本各地で木質バイオマス発電施設の新・増設計画が相次いでいる。具体的な事業計画に至っていない検討案件を含め、FIT制定以降の発電事業は、近畿地区(福井県含む)9、中国地区8、四国地区5、九州地区15、合計すると37施設になる。ただ、現時点で詳細未定の計画は、原材料集荷問題で行き詰まり計画そのものが立ち消えとなる可能性もある。
木材チップ産業は製紙産業とともに発展し、全国で毛細血管のごとく集荷体制を整備し製紙工場に納材してきた。しかし、製紙用原材料が多様化し、特に輸入木材チップが製紙原材料の過半を占めるに至った。そのため木材チップ産業は斜陽化し、製紙需要の減退で一層の業容縮小を余儀なくされてきた。そうした情勢が一変したのは、FITに基づく木質バイオマス発電事業が急速に台頭してからだ。特に西日本地域では、既存の製紙工場向け、木質ボード工場向けに加え、相次ぐ木質バイオマス発電施設向け燃料供給という新たな役割を担う最も重要な存在として、木材チップ産業はかつてない活況を呈し、各地で木材チップ工場の新・増設ラッシュとなっている。国の進める搬出間伐や林地残材の活用という施策にも乗り、地域行政の補助を受けた木材チップ工場建設投資が猛烈な勢いで行われている。特に森組系の参入が顕著だ。最大手の丸和林業グループは新規に3工場の建設を計画、年間生産高は40万㎥規模に拡大してくる。九州の南栄、中国の伸和産業、飯森木材なども活発な投資姿勢を見せている。既存大手にとどまらず、これを事業機会と捉え、新規参入する野心的な事業者が目立つのも最近の西日本の傾向だ。
 ㊦では、丸和林業グループ、木材開発、フルハシEPO、伸和産業、山室木材工業、バイオマスエネルギー、今治加工、鶴崎商事、コウエイ、ウッドピア木質バイオマス利用強度組合、真庭木材事業協同組合、南栄、日本フォレスト、ホクザイ運輸を取り上げた。

バックナンバー

  日本木材新聞社からのお知らせ

 全国プレカット名鑑
好評発売中

 この度、「全国プレカット名鑑」を発刊いたしました。今や、木造建築とその資材流通はプレカットなしにありえない状況にあります。全国に散在するプレカット会社の現状を詳細に調査するとともに、関連事業会社の動向、そしてプレカットの将来について展望することは、関連業界に携わる方々にとって必ずや有益な書物となると考え、企画編集しました。定価1万2350円(税、送料込み)です。体裁:B5判、約600ページ、口絵カラー、本文モノクロ。

詳細はこちら

 好評発売中!日刊木材新聞で連載

 ◆今さら人には聞けない木のはなし
 (独)森林総合研究所研究コーディネータ 林 知行著
 日刊木材新聞で50回にわたり連載された「今さら人には聞けない木のはなし」。
  連載中から「わかりやすい」「目からウロコ…」と反響が多数寄せられ、今回、一冊の本にまとめました。 専門的な内容を誰にでも分かりやすく説明しています。

詳細はこちら



August 4 , 2014
◆Wood Summit Conference
◆Additional species for Wood Use Point system
◆The world largest high frequency dielectric heating device developed
etc.
バックナンバー

財団法人住宅保証機構 日本木材青壮年団体連合会
Dongwha Patinna NZ

 
Copyright(c) Japan Forest Products Jounal co.,ltd All rights reserved.