5月26日の新聞記事   カテゴリからニュースを検索
 
[建材]大建工業、素材や建材など4分野強化 資材総合企業を目指す
[建材]日本集成材工業協同組合、小・中断面準耐火部材、国産材集成材と鋼材ハイブリッドの耐火部材を開発 木鉄ハイブリッドは1時間耐久
[木材]泉林業など、コンパクト高出力のタワーヤーダ開発 5胴ウインチで最大600メートルに対応
[木材]タケエイ、中期経営計画を策定 再エネ事業、5年後売上高100億円目指す
[木材]王子木材緑化、青森県むつ市にチップ工場新設 年間3万トンを生産
[建材]日本繊維版工業会が定時総会 チップ需給を注視

バックナンバー

旧サイト記事はこちらから

新聞の特集

    15年4月「構造用集成材特集」 詳細 


  

今後の特集予定

  

   ■ 15年5月「断熱材特集」

   ■ 15年6月「プレカット特集」

   ■ 15年5月創刊70周年特集・木材・建材史「米材」

   ■ 15年5月創刊70周年特集・産業史「住宅」

   ■ 15年7月創刊70周年特集・ロシア材、NZ・チリ材、欧州材

   ■ 15年7月創刊70周年特集・産業史「流通」

      ■  15年7月「木造建築新時代・カラー版」

木材建材ウイクリー

平成27年/2015年05月18日  No.2016

国産材素材、低級材需要増に直面

機能探る原木市場

国産材の素材流通が大きく変わろうとしている。量産製材工場やラミナ製材工場、合板工場など並材を大量に消費する大口の需要家の台頭、そしてバイオマス燃料需要の創出による下級材需要の拡大に従来の原木市場の流通システムが対応しきれなくなったことが背景にある。細かな仕分けで付加価値を高めるのが原木市場の流通だとすれば、求められているのは、より安価な素材をできるだけ手間を掛けずに必要とする需要家へ供給する仕組み。これは原木市場のせり売りとは対極の販売思想に属するが、資源の多様性から見れば相容れないものではなく、既存の流通構造を維持しながらいかに新たな需要に対応していくかが問われている。
 具体的には、原木市場でせりに掛けたほうが高く売れる材料とそうでない材料を山土場(または中間土場)で仕分け、そうでない材料は協定販売などで需要家へ直送する。既に大型工場向けの製材用丸太や合板用丸太では素材業者からの直送が一般化し、商社や仲介業者が量をとりまとめるケースも増えている。だが、バイオマス燃料用まで含めた体系的な仕組みの再構築はこれから。大口の需要家向けの一般材、とりわけ未利用材はいかに低コストで大量に供給できるかが競争力を左右する。このため、できるだけ山に近いところでの仕分け、需要家への直送がカギになる。
 九州の伊万里木材市場、宮崎県森連、東北では岩手県森連、ノースジャパン素材流通協同組合、青森県森連、四国の久万広域森林組合、愛媛県森連、大木木材市場、日吉原木市場、高知県森連、三好木材センター、上信越では東信木材センター、群馬県素生協、新潟県森連、中国では福山中央木材市場、島根県森連、広島県森連、岡山県森連、山口県森連、中部の東海木材相互市場、東海林材市場、岐阜県森連、静岡県森連などの状況をとりまとめた。

バックナンバー

  日本木材新聞社からのお知らせ

国産材名鑑

国産材の現状と関連企業の動向を徹底調査

kokusanzai-meikan

好評発売中

 国産材に関する関心が高まっているなかで国産材に関わる事業者を軸にその利用実態を浮き彫りにするものとして鋭意製作。国産材に関わる山林所有者、素材生産者、素材流通、製材、集成材、合板・木質ボード、木質建材、木材保存・不燃処理、製品流通、チップ、木質バイオマス、ペレット、住宅会社・ビルダー、機械・設備メーカーなどの主要企業などの動向を徹底調査、その内容を余すことなく掲載しました。国産材に関する今後の課題や展望について深く分析。主な内容は国産材事業業態別・会社別業務内容一覧と有力事業者紹介と解説編。定価1万5,000円(税、送料込み)です。体裁:B5判、862ページ、口絵カラー、本文モノクロ。

「木材建材ウイクリー」2000号

 木材建材ウイクリーは1974年1月14日付で「米材ウイクリー」として創刊され、2015年1月19日号が通算2000号になりました。2000号では、41年間の中から選定した33特集を当時の記事のまま紹介するほか、その特集の解説記事も掲載しました。定期購読者以外にも特別号として1部5,000円(税・送料込み)で配布いたします。

詳細は info@n-mokuzai.com

 好評発売中!日刊木材新聞で連載

 ◆今さら人には聞けない木のはなし
 (独)森林総合研究所研究コーディネータ 林 知行著
 日刊木材新聞で50回にわたり連載された「今さら人には聞けない木のはなし」。
  連載中から「わかりやすい」「目からウロコ…」と反響が多数寄せられ、今回、一冊の本にまとめました。 専門的な内容を誰にでも分かりやすく説明しています。

詳細はこちら



May 15 , 2015
◆Log supply and demand in 2014
◆Revised Building Standards Act
◆Forestry Agency's activity plan for 2015
etc.
バックナンバー

財団法人住宅保証機構 日本木材青壮年団体連合会

 
Copyright(c) Japan Forest Products Jounal co.,ltd All rights reserved.