8月27日の新聞記事   カテゴリからニュースを検索
 
[住宅・建築]日本木造耐火建築協会、シェルターの木造耐火認定をオープン化 会員制度改正し、製造販売可能に
[建材]国産針葉樹合板、大手メーカー9月も減産継続 在庫量19万㎥割れで品薄続く
[プレカット]8月のプレカット調査、盆休みで一服も受注の回復傾向続く 客層や地域で温度差、非住宅物件に期待
[木材]松本システムエンジニアリング、国産ラジコン式オートチョーカー発売へ 急傾斜地等の大径丸太の搬出での使用想定
[木材]沖縄・九州を台風15号が通過 山林、工場などの大きな被害は確認されず
[住宅・建築]エディオン、不動産仲介事業を開始 「エディオンハウジング」として家電店舗内に開設
[建材]ジャパン建材フェア、売上げ、来場とも目標上回る 合板やプレカット材を積極販売
[プレカット]富国物産、サイディングプレカットを本格普及 説明会に120人が参加
[住宅・建築]スカイ、鈴工、CLT活用の住宅披露 壁と2階床に現しで採用

バックナンバー

旧サイト記事はこちらから

新聞の特集

    15年7月「日刊木材新聞 創刊70年記念セミナー」 詳細 


  

今後の特集予定

 

    ■  15年7月「木造建築新時代・特別版」  

    ■   15年8月創刊70周年特集・技術史

    ■   15年8月創刊70周年特集・人物史  

    ■   15年8月建材版拡大版「フローリング」

木材建材ウイクリー

平成27年/2015年07月20日  No.2025

苗木不足で危うい持続性

主伐再造林で課題に直面

日本の林業はようやく国産材需要が拡大傾向にあり、素材生産量は2002年の1,509万㎥を底に回復し、13年は1,965万㎥(前年比7.4%増)と2,000万㎥に手が届くところまできた。政府は林業の成長産業化戦略を打ち出し、出口需要の拡大施策が実施され素材生産量が増加してくると次の世代の造林が課題になってくる。
 近年の木材生産は森林吸収源対策としての森林整備が中心だったが、増加する素材需要に安定的に対応していくには次の世代の造林が欠かせない。そのため、林業政策は間伐による森林整備から、主伐・再造林の時代を迎えようとしている。
 そこで課題として浮上したのが、苗木問題だ。苗木生産量は1960年度13億本から2012年度には5,800万本まで減少し、種苗業者も全国で約1,000事業者まで減少している。森林整備が間伐を中心とした施業になったことで、苗木の需要が安定せず、生産者はリスクを回避し、生産を縮小してきた歴史がある。近年、苗木生産は花粉症対策の一環として捉えられ、低花粉の苗でないと造林補助を受けられないといった問題も生じていた。
 また、低コストの造林が求められ、伐採から地ごしらえ、植林を一貫して行う一貫生産システムが試験的に行われるようになった。一貫施業を行うためにはコンテナ苗を使用する必要があり、コンテナ苗を使うことで通年施業が可能になる。半面、コンテナ苗の生産量が限られていることが課題になっている。
こうした現状に危機感を募らせ、民間事業者が苗木生産に取り組む動きが出ている。最大手は住友林業で、宮崎の管理型種苗場を3年前に整備、今年は岐阜県のプロポーザルに応募し下呂市の県有地を使って管理型種苗場を建設する。新居浜の種苗場の拡張移転、北海道でのカラ松ハイブリッド苗の育生など各地で苗木供給に向けて体制づくりを進めている。供給目標は年間100万本、自社だけでなく一般へも販売していく方針だ。
栃木県は県内の杉苗生産の全量をコンテナ苗に移行する計画で、15年度の生産を当初計画の31万本から69万本に拡大、昨年の雪害や山火事で種苗需要が増加したことから、コンテナ苗の導入により増産を図る。17年度には90万本に拡大する計画だ。各地の取り組みを追った。  

バックナンバー

  日本木材新聞社からのお知らせ

国産材名鑑

国産材の現状と関連企業の動向を徹底調査

kokusanzai-meikan

好評発売中

 国産材に関する関心が高まっているなかで国産材に関わる事業者を軸にその利用実態を浮き彫りにするものとして鋭意製作。国産材に関わる山林所有者、素材生産者、素材流通、製材、集成材、合板・木質ボード、木質建材、木材保存・不燃処理、製品流通、チップ、木質バイオマス、ペレット、住宅会社・ビルダー、機械・設備メーカーなどの主要企業などの動向を徹底調査、その内容を余すことなく掲載しました。国産材に関する今後の課題や展望について深く分析。主な内容は国産材事業業態別・会社別業務内容一覧と有力事業者紹介と解説編。定価1万5,000円(税、送料込み)です。体裁:B5判、862ページ、口絵カラー、本文モノクロ。

「木材建材ウイクリー」2000号

 木材建材ウイクリーは1974年1月14日付で「米材ウイクリー」として創刊され、2015年1月19日号が通算2000号になりました。2000号では、41年間の中から選定した33特集を当時の記事のまま紹介するほか、その特集の解説記事も掲載しました。定期購読者以外にも特別号として1部5,000円(税・送料込み)で配布いたします。

詳細は info@n-mokuzai.com

 好評発売中!日刊木材新聞で連載

 ◆今さら人には聞けない木のはなし
 (独)森林総合研究所研究コーディネータ 林 知行著
 日刊木材新聞で50回にわたり連載された「今さら人には聞けない木のはなし」。
  連載中から「わかりやすい」「目からウロコ…」と反響が多数寄せられ、今回、一冊の本にまとめました。 専門的な内容を誰にでも分かりやすく説明しています。

詳細はこちら



August 21 , 2015
◆Import of structural laminated lumber (Jan.- Jun. 2015)
◆Plywood supply for the first half of the year
◆First FSC certified logs from Sabah arrived
etc.
バックナンバー

財団法人住宅保証機構 日本木材青壮年団体連合会

 
Copyright(c) Japan Forest Products Jounal co.,ltd All rights reserved.