2月26日の新聞記事   カテゴリからニュースを検索
 
[建材]永大産業と三菱樹脂インフラテック、次世代蓄熱フローリングシステム投入 潜熱蓄熱材で室温の平準化に寄与
[プレカット]2月のプレカット調査、全国的に受注大幅減 年度末で大型物件も伸びず
[建材]YKK AP、4月20日受注分からアルミ製品を値上げ 現行から5~10%値上げ
[住宅・建築]ログハウス、総3階建ての建設進む 国内初、3月上旬に上棟予定
[建材]FIT買い取り価格、太陽光は引き下げ 10kW以上は7月から27円に
[木材]高広木材、ウエスタンレッドシダー3月出荷分から値上げ 現状価格比20~25%幅
[住宅・建築]カナダウッドグループ、障害児支援センター完成 東北復興プロジェクト第4弾
[住宅・建築]司コーポレーション、基礎と同時に地下空間 幅広いプラン提案
[木材]角繁・ウッドピア2015、活気ある立ち合いに 昨年超える750人が来場
[木材]九州地区広域原木流通協議会、安定供給に山側が関心 原木受け入れ規格に違い
[木材]ウッドピア市売協、桧役物造作材が人気 県外の買い方が手当て

バックナンバー

旧サイト記事はこちらから

新聞の特集

    14年11月「合板の日特集」 詳細 


  

今後の特集予定

   ■ 15年3月「耐力面材特集」

    15年4月「構造用集成材特集」

木材建材ウイクリー

平成27年/2015年02月23日  No.2005

国産材輸出

新たな需要先に育つか 問われる国内需給との整合性


 14年の木材輸出は金額で178億3,400万円(前年比45.0%増)と大きく伸びた。キノコなど特用林産物が40億8,700万円(同17.1%増)で、林産物の合計は219億2,100万円(同38.8%増)となった。農林水産省では2020年に林産物の輸出額を250億円に拡大する方針を策定しており、計画よりも早期に目標を達成できそうな勢いだ。
 木材輸出が増加したのは、円安で価格競争力が高まり、大量消費国である中国の需要にマッチした丸太輸出が増えたためだ。丸太輸出は全体で52万1,000㎥(同96.9%増)と倍増し、なかでも中国向けが31万2,000㎥(同140.9%増)に増えた。韓国向けも9万8,000㎥(同97.1%増)と倍増、台湾向けは10万7,000㎥(同31.0%増)にとどまった。製材品も全体で6万7,000㎥(同13.9%増)と増えたものの、丸太の10分の1の規模にとどまっている。
 中国向けの丸太輸出が増えたのは、年間5,000万㎥を超える大量の木材輸入を行うなかで、価格さえ合えば受け入れる巨大な市場があるから。用途は土留め板などの土木用資材といった低質のもので、多様な用途に振り分けられる丸太が中心になる。阪和興業、日本製紙木材、王子木材緑化、大陸貿易、住友林業、瀬崎林業などの商社の動きや、各地の国産材輸出への取り組み状況を取材した。

バックナンバー

  日本木材新聞社からのお知らせ

 国産材名鑑
予約受付中

 国産材に関する関心が高まっているなかで国産に関わる事業者を軸にその利用実態を浮き彫りにするものとして鋭意製作中。国産材に関わる山林所有者、素材生産者、素材流通、製材、集成材、合板・木質ボード、木質建材、木材保存・不燃処理、製品流通、チップ、木質バイオマス、ペレット、住宅会社・ビルダー、機械・設備メーカーなどの主要企業などを調査、掲載します。国産材に関する今後の課題や展望について深く分析。主な内容は国産材事業業態別・会社別業務内容一覧と有力事業者紹介と解説編。発刊は15年4月予定。                   定価1万5,000円(税、送料込み)です。体裁:B5判、約1000ページ(予定)、口絵カラー、本文モノクロ。15年3月末までの申し込みに限り1冊1万2,000円(同)。

 

「木材建材ウイクリー」2000号

 木材建材ウイクリーは1974年1月14日付で「米材ウイクリー」として創刊され、2015年1月19日号が通算2000号になりました。2000号では、41年間の中から選定した33特集を当時の記事のまま紹介するほか、その特集の解説記事も掲載しました。定期購読者以外にも特別号として1部5,000円(税・送料込み)で配布いたします。

詳細は info@n-mokuzai.com

 

 好評発売中!日刊木材新聞で連載

 ◆今さら人には聞けない木のはなし
 (独)森林総合研究所研究コーディネータ 林 知行著
 日刊木材新聞で50回にわたり連載された「今さら人には聞けない木のはなし」。
  連載中から「わかりやすい」「目からウロコ…」と反響が多数寄せられ、今回、一冊の本にまとめました。 専門的な内容を誰にでも分かりやすく説明しています。

詳細はこちら



February 20 , 2015
◆Import of European softwood lumber in 2014
◆December housing starts
◆Plywood supply in 2014
etc.
バックナンバー

財団法人住宅保証機構 日本木材青壮年団体連合会

 
Copyright(c) Japan Forest Products Jounal co.,ltd All rights reserved.