7月1日の新聞記事   カテゴリからニュースを検索
 
[住宅・建築]待遇改善、大工入職者倍増へ -全国木造住宅生産体制推進協議会- 職業能力基準シート案を提示
[プレカット]非住宅木造の対応強化 -アルファフォーラム- 初期伏図作成込みでパッケージ化
[木材]不燃化協会の推奨認定第一号に -アサノ不燃- 品質基準の適正化進める
[建材]電力小売りに参入 -八興- 特定規模電気事業者として、商材とのセットで提案
[住宅・建築]施主負担増なしで完成へ -千金堂- 四国に直営展開で対応
[住宅・建築]地域産JAS製品を全面使用 -仁杉区北村組集会所上棟式- 富士山一金時材の普及図る
[木材]杉外壁材の雨漏り防止 -ウエキハウス- 新しい加工形状を開発

バックナンバー

旧サイト記事はこちらから

新聞の特集

    15年5月「断熱材特集」 詳細 


  

今後の特集予定

  

   ■ 15年6月「プレカット」特集

   ■ 15年7月創刊70周年特集・ロシア材、NZ・チリ材、欧州材

   ■ 15年7月創刊70周年特集・産業史「流通」

      ■  15年7月「木造建築新時代・カラー版」  

   ■   15年8月創刊70周年特集・技術史

   ■   15年8月創刊70周年特集・人物史  

   ■   15年8月建材版拡大版「フローリング」

木材建材ウイクリー

平成27年/2015年06月22日  No.2021

決算特集②建材、住設メーカー

持ち家低迷が業績に影 海外展開や非住宅向けが下支え

 木材、住設機器メーカーの15年3月期は、減収減益となった会社が増加した。前期は消費増税前の駆け込み需要で好決算に沸いたが、当期は一転して増税後の大幅な受注減で各メーカーの業績が悪化した。
しかし、国内の住宅資材関連需要が落ち込むなか、海外展開を着実に進めているアイカ工業やニホンフラッシュは売上高、利益ともに過去最高を更新した。東リは非住宅用内装材の販売が伸び、4期連続で増収増益となった。建材・住宅機器、機械・刃物メーカー35社の業績は、18社が減収減益となり、増収減益は9社、減収増益が1社、増収増益は7社になった。
当期は、14年度の新設住宅着工戸数が88万470戸(前年度比10.8%減)と5年ぶりに前年を割り込み、厳しい需要環境が続いた。特に住宅市場は、相続税対策による賃貸住宅向け資材は比較的堅調に推移したが、新築戸建て住宅需要の依存度の高いメーカーほど業績悪化を招いた。そのため、中古住宅・リフォーム市場や高齢者施設、商業施設などの非住宅市場での取り組みを強化する動きが目立った。
だが、非住宅市場では商品によって需要の伸びに温度差が生じた。首都圏を中心とした再開発事業や郊外の商業施設、物流倉庫などの需要を享受して、石膏ボードや軽量気泡コンクリート(ALC)、アルミサッシなどは出荷量を伸ばした。その半面、窯業系サイディングは、非住宅向けの需要開拓を進めているが、見込みより伸び代が少なかった。
なかでもチヨダウーテは、石膏ボードの販売が住宅関連で過半を占めているために減収となったが、前期同様に売上高300億円台を維持した。旭化成は、建材事業でALC「ヘーベル」が堅調に販売量を伸ばしたが、高性能フェノールフォーム断熱材「ネオマフォーム」の販売量が減少し、建材の売上高が520億円(前年比5.5%減)となった。サッシメーカーでは、ビルやマンション向けを主体とする不二サッシが増収減益。ビルの新築向けは順調だったが、ビル改装向けが伸び悩んだ。ニチハは公共施設や商業施設など非住宅市場の開拓を進めたが、消費増税後の駆け込み需要の反動減が予想以上に大きく、窯業系外装事業は減収で営業利益も減益となった。

バックナンバー

  日本木材新聞社からのお知らせ

国産材名鑑

国産材の現状と関連企業の動向を徹底調査

kokusanzai-meikan

好評発売中

 国産材に関する関心が高まっているなかで国産材に関わる事業者を軸にその利用実態を浮き彫りにするものとして鋭意製作。国産材に関わる山林所有者、素材生産者、素材流通、製材、集成材、合板・木質ボード、木質建材、木材保存・不燃処理、製品流通、チップ、木質バイオマス、ペレット、住宅会社・ビルダー、機械・設備メーカーなどの主要企業などの動向を徹底調査、その内容を余すことなく掲載しました。国産材に関する今後の課題や展望について深く分析。主な内容は国産材事業業態別・会社別業務内容一覧と有力事業者紹介と解説編。定価1万5,000円(税、送料込み)です。体裁:B5判、862ページ、口絵カラー、本文モノクロ。

「木材建材ウイクリー」2000号

 木材建材ウイクリーは1974年1月14日付で「米材ウイクリー」として創刊され、2015年1月19日号が通算2000号になりました。2000号では、41年間の中から選定した33特集を当時の記事のまま紹介するほか、その特集の解説記事も掲載しました。定期購読者以外にも特別号として1部5,000円(税・送料込み)で配布いたします。

詳細は info@n-mokuzai.com

 好評発売中!日刊木材新聞で連載

 ◆今さら人には聞けない木のはなし
 (独)森林総合研究所研究コーディネータ 林 知行著
 日刊木材新聞で50回にわたり連載された「今さら人には聞けない木のはなし」。
  連載中から「わかりやすい」「目からウロコ…」と反響が多数寄せられ、今回、一冊の本にまとめました。 専門的な内容を誰にでも分かりやすく説明しています。

詳細はこちら



June 26 , 2015
◆Progressing depreciation of the yen
etc.
バックナンバー

財団法人住宅保証機構 日本木材青壮年団体連合会

 
Copyright(c) Japan Forest Products Jounal co.,ltd All rights reserved.