12月17日の新聞記事   カテゴリからニュースを検索
 
[プレカット]一般住宅の受注回復感薄く -12月のプレカット調査- 年末まで加工集中も来年1月に不安
[木材]15年第1・四半期、コスト大幅上昇 -米松輸入製材- 成約価格は4㌦下落も
[木材]雪害乗越え新規設備導入 -金子製材- 平角類も対応、品目多角化
[木材]7年ぶりに製材再開 -池田製材所- 羽柄や板中心に別注も
[住宅・建築]会員1000社登録目指す -住活協リフォーム- 国交省の住宅リフォーム事業者団体登録制度の認定目指す
[住宅・建築]伝統的木造住宅の省エネ基準対応で要望書 特別な検討の場を設ける
[木材]多摩美大に州産材寄贈 -QWEB- メープルとパーチ、約20立方㍍
[木材]林業版ビッグデータに期待 -大熊賞受賞式- 画像による原木測定ほか受賞

バックナンバー

旧サイト記事はこちらから

新聞の特集

  ■  14年10月「2×4コンポーネント」 詳細 

 

  

今後の特集予定

   ■ 15年1月「新年特集号」  

木材建材ウイクリー

平成26年/2014年11月17日  No.1993

特徴ある販売店㊦

新たな流通機能を探せ 材工提案や加工力で差別化

新設住宅需要をはじめとする内需が確実に収縮するなかで、木材・建材・住設販社として生き残るには、仕入れ先、販売先双方から必要とされる存在になることが第一だ。重要なことは双方に提案できる流通機能である。特に住会社、工務店等の最終需要家にとって最も優先されることは絶対的な供給安定性であり、それが可能な販社との連携を重視する。絶対的供給安定性を裏付けるのは、安定した製品仕入れソースと、自ら在庫を持たない最終需要家に代わるバックヤード型在庫代行、そして邸別納材だ。いずれもコストがかかり、既存流通が本来保持していた機能であるにも関わらず、経営負担の大きさから放棄してきたものであり、既存流通が地盤沈下していった最大の原因であるが、住資材流通が短絡化、特に地場小売りの没落で流通が実需化するに従い、改めてこうした機能が再評価されている。こうした取り組みの究極は販社が自ら住宅施工機能を担うことで、特に木造軸組プレカットでは建て方代行にとどまらず、施工請負にまで事業領域を拡散する動きがみられる。ビルダー、工務店支援システムについても、国産材、省エネ、木造住宅振興など公的補助施策が多様化するなかで、当該情報を的確に取引先に供給し助言できるかが重要だ。
 新たな需要分野に積極的に打って出ること、商機に対して主体邸に取り組むこと、一見、隙間的な業務に独自性を発揮することも、これからの販社の役割であろう。商機の創出は取引先ビルダー、工務店等が行う業務のアウトソース、施工合理化に直結する部材提案などだ。新需要に対し、自ら参画できる部分を見極め事業化することも重要だ。
 ㊦は西日本編で、福井の中西木材、アロックサンワ、兵庫の高柴林業、滋賀の滋賀原木、大阪の角野産業、サンワカンパニー、大和木材、協同ウッド、西濃木材、京都のホリモク、山口のニッシンイクス、島根のキムラ、岡山のヤマホン、広島の竹野木材、九州のキタモク、福井木材、高島建設工業、マイライフ・オオニワなどを紹介した。

バックナンバー

  日本木材新聞社からのお知らせ

 国産材名鑑
予約受付中

 国産材に関する関心が高まっているなかで国産に関わる事業者を軸にその利用実態を浮き彫りにするものとして鋭意製作中。国産材に関わる山林所有者、素材生産者、素材流通、製材、集成材、合板・木質ボード、木質建材、木材保存・不燃処理、製品流通、チップ、木質バイオマス、ペレット、住宅会社・ビルダー、機械・設備メーカーなどの主要企業などを調査、掲載します。国産材に関する今後の課題や展望について深く分析。            主な内容は国産材事業業態別・会社別業務内容一覧と有力事業者紹介と解説編。発刊は15年4月予定。定価1万5,000円(税、送料込み)です。体裁:B5判、約1000ページ(予定)、口絵カラー、本文モノクロ。15年3月末までの申し込みに限り1冊1万2,000円(同)。

 

 好評発売中!日刊木材新聞で連載

 ◆今さら人には聞けない木のはなし
 (独)森林総合研究所研究コーディネータ 林 知行著
 日刊木材新聞で50回にわたり連載された「今さら人には聞けない木のはなし」。
  連載中から「わかりやすい」「目からウロコ…」と反響が多数寄せられ、今回、一冊の本にまとめました。 専門的な内容を誰にでも分かりやすく説明しています。

詳細はこちら



December 5 , 2014
◆Labor dispute impacts lumber inventories
◆No time to wait for price increase on Douglas fir lumber
◆Shelter got the Minister's approval
etc.
バックナンバー

財団法人住宅保証機構 日本木材青壮年団体連合会

 
Copyright(c) Japan Forest Products Jounal co.,ltd All rights reserved.